Archive for the 'Uncategorized' Category

転職サイトを選ぶ基準

ハローワークや、職安、人材紹介会社など様々な転職手段がある今の世の中どうして一つの転職サイトを選ぶのだろうか?
また、そのサイトに何を求めているのだろうか?
今回はそのような転職サイトを選ぶ理由について私なりに考察をしてみた。

・転職情報の多さ

これは求人情報のことではない、例えば転職成功者のインタビューや、転職理由、履歴書の書き方などの情報が豊富であるということが非常に重要だ。

・求人情報の質

誰も行きたくないような企業ばかりが掲載されている転職サイトなんてものは見ていて非常につまらないものである。
自分はそんなところで働きたくないと思う企業の情報しか載っていないのでこんなのは4極当たり前のことである。

・求人情報の量

やはり、良い情報が沢山あり、比較することができたほうが良いにきまっている。そのため最低でも5000件以上はほしいと思う。
(自分の業界や職種に特化しているのであればもっと少なくても問題はない。)

・デザイン

まぁこれまで長々と書いていましたが、やはり最初にそれらを見る前にデザインで決めるということは前提です。

転職サイトを比較する上での心得

転職サイトを選ぶ際は、その特徴、求人情報数、転職情報の質、量、使いやすさなどを考慮し、慎重に選ぶべきだという声があります。

それは確かに大事です。

しかし、本当に重要なのは、自分の働きたい企業の求人情報があるかどうかだと感じます。

{PR} 金融消費者金融比較クレジットカード履歴書アンチエイジング

転職者がどんどん増加しています。人材ビジネスの発展が大きく関わってきているのだと思います。

以下、引用です。

2006年に転職した人は前年比6万人増え、346万人(前年比1.8%増)と、調査を始めた02年以降最も多かったことが総務省の調べで分かった。女性の転職が前年に比べ2.9%増え、転職者数を押し上げた。単純比較は難しいが以前の統計と比べても06年の転職者数は最多になる。景気回復で雇用環境が改善し、企業が積極的に即戦力となる人材を増やしていることを反映した。

転職者数の増加は2年連続。02年に327万人いた転職者は、04年に323万人にまで減っていた。02年6月には5.5%まで悪化した完全失業率は06年11月に4.0%まで下降するなど雇用情勢は改善していることを反映した。

単純比較はできないがバブル期の1990年の転職者数は209万人。06年の転職者数はこれを大きく上回る。

面接日程のセッティング

人材紹介会社 を利用するメリットは求職者のために面接の日程のセッティングやその他手続きをしてくれることです。

人材紹介会社 は転職の手間を省き、効果を出すためにも大切です。

人材紹介会社 での転職は人材紹介会社 のポータルサイト

人材紹介会社を使うときと人材紹介会社を使わないときでどれくらい年収が変わるの?

人材紹介会社を使うときと人材紹介会社を使わないときでどれくらい年収が変わるの?という意見がよく出ますが、一般的に人材紹介会社を利用した場合は5割以上は年収UPしているといわれています。

人材紹介会社

年収交渉の人材紹介会社

人材紹介会社は一般的に転職者と転職先の企業をつなげる役目を果たします。

その際、面接日時や、転職者のアピール、また最終的に転職が決定した際には年収の交渉もしてくれます。

人材紹介会社

外資系で働くということ

海外での留学経験がある人や語学スキルに自信がある人は、外資系企業へ転職して年収アップ、キャリアアップを狙ってみては?外資系では一般的に日本の企業と比べ、給与が1.25倍ほど高いと言われていて実力によって1000万円以上の給与を得ることはよくある話です。

求人情報サイトです。

ただ実力がない、また実力があっても企業に必要とする専門性がないなどという場合すぐに解雇になるのも外資系の特徴です。

求人情報です。